ハゲが遺伝するプロセス|母親方にハゲ遺伝子があるかが重要なポイント

ハゲが遺伝するプロセスについては、母親方にハゲ遺伝子があるかが重要なポイントになっていると言われていますが、どのように関係しているのでしょうか。薄毛の遺伝の真実とアンドロゲンレセプターの働きに関係していると言われています。

アンドロゲンレセプターとは男性ホルモン受容体と呼ばれています。身体の中で分泌される男性ホルモンを受け取り、利用できるように変換する物質なのです。このアンドロゲンレセプターは誰でも持っています。

また、アンドロゲンレセプターは遺伝によって感受性の強さが決まると言われていて、薄毛になりやすいかどうか決める上で重要なものとなっています。

アンドロゲンレセプターの感受性が強いか弱いかは遺伝によって決定すると言われていて、遺伝はXの性染色体に存在するので、男性ならば母方の家系から、女性ならどちらかの家系から受け継ぐ事になります。

男性の染色体はYXなので母方のみの遺伝となっています。女性は染色体がXXなので父方、母方、両方からの遺伝となっています。アンドロゲンレセプタ遺伝子検査があり、薄毛になりやすいか、AGA治療薬プロペシアが効きやすいかどうかの2つがわかると言われています。

検査方法としては、クリニックによる採取と自宅で専用キットを使用する方法があります。自宅で行う場合の専用キットはこのようなキットを使用して検査する事が可能となっています。

AGA治療は最低でも半年はつづけた方が良いと言われていますが、治療方法を選ぶ中では何よりも大切な要素となっています。アンドロゲンレセプターの感受性が高いほどプロペシアが効きやすく、感受性が低いほど、プロペシアが効きにくい体質と言うことになります。

プロペシアが効きやすいかアンドロゲンレセプターの感受性が高い場合には、プロペシアが効きやすく、感受性が低い場合にはプロペシアが効きにくいと言う事です。感受性が高いということは薄毛になりやすいという事ですが、見方を変えると薄毛になった場合でも治療薬が効きやすいと言えます。

それを理解する為には、遺伝子検査をする手段としてクリニックでの採血をする検査方法か、自宅でAGA遺伝子検査が出来る専用キットで口の粘膜を採取して検査する方法があり、多くのAGA専門クリニックでは、遺伝子検査は任意でありオプションとして扱われているところが多くなっています。

アンドロゲンレセプターの感受性を調べることにより、自分の体質を知る事が出来て、薄毛になった場合でも治療をどのように行っていくかどうか決める際に、早く決めることができて、次に一歩が踏みだせる心を持つことが出来ると思います。

http://maimineralhair.com/

若い人でも様々な髪の悩みを抱えていますがその中で、早めに対策することも可能となっていますので、悩みを早めに解消することが出来ると思います。

実際に髪の悩みは男性は多くの方が抱えていると言われていますが、薬だけに頼るのではなく、日常的な生活面の見直しなどを行って解消に導いていく必要があり、早めに自分の体質を知ることにより、対策を行っていく際にも上手に出来て、悩みが深刻になるのではなく、徐々に解消に導いていけるようなケアを行っていく事が出来ると思います。