40代から太りやすくなる体にフリパラが効く!

40代から太りやすくなってしまうと言われていますが、その予防に効果的と言われているのが、プリパラです。若い頃は多少暴飲暴食をした場合でも大丈夫だったけど、40代にさしかかった頃から、体重が増加して、中々落ちないという人も多いと思います。

話題のフリパラとは、フリフリお腹をひねる動きから、フリ腹がフリパラと名付けられエクササイズでフリパラツイストです。40代から太りやすくなってしまうという女性が多いと思いますが、それは、女性ホルモンが低下していく事により、体のエネルギーシステムがミトコンドリア系にシフトしていくからです。

人間のエネルギーシステムはブドウ糖を使って無酸素でエネルギーを作り出す解糖系とミトコンドリアが血流から得た酸素を使って栄養分からエネルギーを作り出すミトコンドリア系の2つがあります。

子供から30代まではその両方を使う事が出来るのですが、40代からは解糖系が動かなくなってしまい、ミトコンドリア系のみとなってしまいます。体の中でエネルギーの作り方が変わっていくのが40代となっています。

ミトコンドリア系はエネルギー生成の効率が高く、何と解糖系の約18倍です。少ない材料でより多くのエネルギーを作るので摂った栄養素を使いきれていない結果、余った糖分は脂肪となってしまい太りやすくなってしまいます。

食事を減らさなくても太らない方法があり、それはインナーマッスルを鍛えることです。基礎代謝を上げる為には、筋肉を増やす必要があり、筋トレをしたほうが良いと耳にしますが、大人の女性が鍛えるべきなのはインナーマッスルなのです。

インナーマッスルが増えると毛細血管が活性化して、その結果血流が良くなり、ミトコンドリアに供給する事が出来てエネルギー生成率を増加する事が出来ます。食べたものをため込むことなく、どんどんエネルギーに換えて消費する痩せ体質になれます。

重い負荷で表面の筋肉を鍛えるハードな筋トレではなく、軽い負荷のエクササイズを続けることが一番の近道を言われています。お勧めできるのは、フリパラツイストというエクササイズでサーモグラフィで計測したところ、30秒で腹筋100回以上相当の熱量が出ているという事が分かっています。

腰ふりエクササイズで立ったまま腰を振るだけですが、ダイエット効果も期待する事が出来て、モニター結果でも高い効果が現れています。30代のうちから習慣にしておくとインナーマッスルがしっかり鍛えられるので40代になって急に太るという事を防ぐ事が出来ます。40代以上のh方には、エネルギーシステムが変わってきているところなので1日も早く行ってみましょう。

フリパラツイストの基本的な動きですが、正面から、雑巾を絞るようにお腹部分をひねるのが基本となっています。足と頭を動かさないようにして左ツイストを行いましが、みぞおち部分をひねります。次に右ツイストです。慣れてきたら徐々にスピードアップをして、早くひねることで遠心力がかかって、乳び槽やインナーマッスルにより強い刺激がかかります。

何よりも日常で手軽に取り入れることが出来るエクササイズなので、ある程度の年齢で体質の悩みや体型の悩みを抱えている人は、是非取り入れてみるようにしましょう。

毎日続けることにより、理想の体型を維持することが出来て、年齢のせいでの太ってしまう原因を解消する事が出来ますし、悩みを解消する事により、何よりも自分に自信を持つ事が出来ますので、今日からでも初めて見てください。